アゼチジンは、3個の炭素原子および1個の窒素原子を含む飽和複素環式有機化合物である。 それは室温で液体でアンモニアの強いにおいを有し、ほとんどの第2級アミンに比べて強塩基性である。
アゼチジンおよびその誘導体は、天然産物中の比較的まれな構造モチーフである。 特に、それらはムギネ酸およびペナセジジンの重要な成分である。 おそらく最も豊富なアゼチジン含有天然物はアゼチジン-2-カルボン酸であり、これはプロリンの非タンパク原同族体である。

すべてを表示 4 結果